お金を借りるときに気を付けたいこと

お金に困っているときに利用するのがキャッシングです。インターネットや無人契約機や電話から簡単に申し込みをすることができます。契約までの流れも、情報の入力を行い、在籍確認を行ってから審査に通過していればそのまま融資を受けることができます。

昔までは年収に関係なく借入を行う事ができていましたが、現在は法律の改正が行われて制限を受けるようになりました。その法律が賃金業法とよばれるもので、総量規制がかけられたのです。

概要は年収の3分の1以上を借りることができないというないようです。つまり、年収900万円の人は300万円までしか借入をすることができないのです。これは、個人向けの改正なので法人は関係がありません。個人での借入の場合のみなので、消費者金融からお金を借りるときには注意が必要です。

年収の3分の1の条件は、1社だけで適用されるものではありません。合計で3社からの借入があれば、3社の借入金額を合計したものが対象となるのです。

これが、年収の3分の1を超えていれば、次に借入をすることができなくなるのです。この法律ができたのは、無制限の借入をさせないためです。ギャンブルで身を滅ぼす確率がかなり減るのです。